加入のご案内はこちら

  • HARE協同組合は
    障害者施設や介護施設など福祉事業を中核に、
    業種を超えた幅広い組合員の協創事業を支えます。

設立趣意


私たちは、今、大きな時代の変化の只中にあります。
事業領域をグローバルに展開していく大企業等と伍して、力強い成長を実現するためには、中小企業が業種の壁を超えて、共同してそれぞれの強みを発揮することが不可欠で、人的交流や情報交換を通じて経営の合理化と専業の活性化を図る必要があります。
そこで、私たちは障害者や介護施設など福祉事業の視点から、業種を超えた幅広い事業領域で中小事業者の有志を募り、組合員の連携を深め、経営の合理化と事業の活性化を図りながら、経済的地位の向上を目指す、「 HARE 協同組合」という事業協同組合を設立することにいたしました。
Happy relationship=組合員の幸せな関係作り、これが HARE 協同組合が理想と掲げる組織です。
組合員が必要とする介護・障害者施設用品や事務用品、事務機器、消耗品、自動車燃料等の共同購買事業、組合員のための就労支援や外国人技能実習生の共同受入事業、 経営技術向上や教育情報提供のための研修会開催、融資等の金融事業などを行います。
また、事業利益余剰金の一部は、「障害者救済基金」をはじめとする福祉関連に寄付、施設等の福祉事業者にも、 施設を利用する障害者や要介護者にも、豊かで健やかな社会活動が営めるよう、共助の組織を目指します。

ご挨拶

「HARE 協同組合」は、年齢、性別、障害の有無に 関わらず 、共に安心して生活できる環境づくり(ユニバーサルデザイン)を行い、誰もが自分のライフスタイルを選択できる共生社会(ノーマライゼーション)の実現を目指します。
長らく広告・出版業界に身を置いていた私が、なぜ福祉分野に関心を持つようになったのか? それは、自分が舌がんを患ったことと深い関係があります。 私が舌根がんを発症したのは2009年。放射線治療後に手術を行いましたが、翌 2010 年に再手術、舌の3/4を失いました。 舌がんは患者数が全がんの5%と非常に少ないことから情報も乏しく、話すことも食べることも困難な身になり、生活が一変しました。そこで同じがん患者さんとの繋がりを求め、日本歯科大学附属病院の協力を得て、「頭頸部がん患者友の会」を設立。東京患者会の代表となったことがきっかけで、新たな人と人との結びつきが生まれました。 医療従事者や障害者施設、介護施設従事者との関りの中で、「何かを変えたい」という思いが、「私たちを頼ってくれる人たちを支えたい」「よりよい社会を築きたい」という信念となり、それに共感して下さる方々の力 で「 HARE 協同組合」は第一歩を踏み出すことができました。 困難な時代だからこそ、人と人との繋がりを大切に、相互扶助の共生社会の実現という目的に向け、皆様のご支援とご協力を心よりお願い申し上げます

  • 2021年9月
    HARE協同組合 代表理事

事業概要

名称 HARE協同組合
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木2-2-2 イトーピア六本木801
TEL/FAX TEL:03-6426-5218/FAX:03-6426-5219
役員 理事長 佐野敏夫
副理事長 岡本美砂
副理事長 豊川隆典
専務理事 石川豊
監事 松元繁
設立日 2021年8月16日
名称 HARE協同組合
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木2-2-2 イトーピア六本木801
TEL/FAX TEL:03-6426-5218/FAX:03-6426-5219
役員 理事長 佐野敏夫
副理事長 岡本美砂
副理事長 豊川隆典
専務理事 石川豊
監事 松元繁
設立日 2021年8月16日

加入のご案内

HARE協同組合に参加しませんか


組合の定款に準ずる要件を備えた小規模の法人又は個人事業者が加入資格となります。
加入申込後、組合理事会での承認を経て加入となります。
【加入に係る費用】
組合員(※総会および臨時総会で議決権がある)
・出資金 10,000円(1口)
・賦課金 毎月1,000円(年12,000円)

[出資金とは?]◆組合に加入する時は出資して組合員になることが必要です。◆より低利での事業資金の貸付やその他組合員サービスの向上 など、出資金はあらゆる事業・活動の「もとで」として運用されます。[賦課金とは]◆協同組合は共同の力で自主的な事業の発展を目指す 組合員自身の組織です。そのために必要なお金も自分たちで出し合います。その金は協同組合が行う事業の管理事務作業を行うための費用に 充当させていただきます。徴収方法は平等割とし、一括徴収します。


詳しくはこちら